2018年から配偶者控除拡大!働く妻の「●万円の壁」がなくなる!?


「扶養から外れないように103万円以内に働くのを抑えなきゃ」
といった話を、働く奥さんからよく聞きますよね。
そもそも、「配偶者控除」は、所得控除の1つです。
もっと詳しく言うと、働いた儲けから差し引くことが出来る金額のこと。
手元に入った儲けはそのままで、差し引く(控除)ことができれば、それをベースに税金を計算しますから、節税になるというわけですね。
控除が大きい=税金が少ない」と覚えておいてくださいね!
2018年から配偶者控除など満額受けられる年収の上限が、103万円→150万円に上がります。
でも、130万円を超えると社会保険料の発生で手取りが大きく減ることになります。
そんな壁を超えて働くメリットとはどんなものなのでしょうか?

2018年に配偶者特別控除の年収制限を引き上げる!

現在の103万円までだと、およそ毎月8万5千円のパート収入で年間の103万円を超えてしまうことになります。
103万円を超えると夫が配偶者控除を受けられなくなり、夫の所得税が増えます。代わりに配偶者特別控除が受けることが出来ますので、さほど大きな問題ともならないでしょう。
でも本当はもっと働きたいのに年末に出勤日を調節しなければいけないという事態になってしまうのです。
そこで、各家庭の収入を増やすということを考えて、配偶者控除の年収103万円を150万円まで引き上げようと改正されることになりました。

ここで注目!「働き損」は130万円から!

何だかよくわからないけど、結局損をしないためにはどんな働きをしたら良いの!?とモヤモヤしている人もいるでしょう。
そんな人のために、妻の収入が120万円の場合と130万円の場合で計算してみました。
夫の年収は500万円。30代の夫婦ふたり家族としてシュミレーション行きます!

↓    ↓    ↓

妻の年収が120万円の場合:世帯収入529万5411円
妻の収入が130万円の場合:世帯収入520万2703円

 

・・・うそ!!
たくさん働いた130万円のほうが、手取りが少ない・・・!!
10万円多く働いた去年より、手元に残るお金が約10万円も少ないのです
これが世にも恐ろしい「130万円の壁」です。

じゃあ「働き損」にならないためには?

グラフにしてみるとよくわかりますね。
配偶者控除の壁とも言われる103万円を突破しても、世帯の手取りは順調に増加しています。
ところが、130万円を超えると、ガクンと減っています。
これは、夫の扶養から外れて妻が社会保険に加入したため社会保険料が自己負担になったためです。
こうしてみてみると、130万円~150万円が収入が増えても手取りは減るレッドゾーンということがわかりますね。
140万稼いでも120万稼いでもさほど変わらないんです・・・。
こういった損をしないためには、年収は少なくとも160万円以上はほしいところです。
でも家事や育児を伴う働く女性はそう簡単には行きませんよね。

社会保険による130万円と106万円の壁

社会保険(年収130万円の壁)

年収が130万円を超えると、パートであっても夫の扶養から外れて社会保険に加入しなくてはいけません。
社会保険に加入することによって、社会保険料の支払いが発生するため、年収は増えているのに社会保険料の支払いのせいで手取りが減ってしまうのです。
ここが、130万円の壁と言われるところで、130万円未満で働くことができれば、扶養内でいられるわけですから保険料負担もなく年金も将来受け取ることが出来るのです。

社会保険(年収106万円の壁)

  • 勤務時間が週20時間以上である
  • 1ヶ月の賃金が8,8万円以上である
  • 勤務時間が1年以上見込まれている
  • 勤務先の従業員が501人以上である

 

大企業や大規模な会社やお店でパートをしている人が対象になりますが、上記の条件に当てはまる人は106万円を超えてしまうと社会保険に加入しなくてはいけません。
このあたりを考えると、どこの会社で働くのが一番いいのかを考えなくてはいけませんね…。

まとめ

今回のまとめで言えることは「目先の損か得かで働き方を考えない」ということです。
年収によっては、手取りが伸び悩む時期があるかもしれません。
でも世帯収入が増えることには変わりありませんから、働くか働かないかは自分や家族の価値観で決めることが一番です。
目先の損得を考えるのではなく、将来的にどういった働き方が望ましいのかを長い目で見て考えましょう。