母ちゃん認知症?認知症サインと絶対やってはいけない3つのこと

「母ちゃんがばあちゃんになっとる!最近がいに老けたでないかぁ…。」

正月帰省は久しぶりに親の顔を見る機会でもあります。近くに住んでいて頻繁に顔を合わせている方も、実は親って子どもの前では元気に(正気に)振る舞おうとするもの。

もしかすると物忘れが多くなっていたり、生活する面で不自由に感じている事があったり、時には認知症が進行してしまっていたり。

 

でもアルツハイマーや認知症など、こうした言葉は知っとるけど、実際家庭でできる認知症対策って意外と情報が少ないのが現状。

 

今回は家庭内では見逃してしまいがちな認知症のサインとスムーズに受診する方法について書いています。本人の自尊心を傷つけず進行を最小限に留める家庭内でできる方法を参考にしてみてください。

 

見逃しやすい!3つの些細な認知症サイン

母ちゃんの料理の味付けが変わる

認知症の初期の段階で多く見られるのが、料理。

 

  • 作り慣れた味噌汁の味が薄い
  • 火が通ってない
  • 材料に普段入れないような物が入っている

 

認知症の初期症状として臭いがわからなくなる、味付けがわからなくなる。ということがあげられます。

おかしいな?と感じた時に尋ねてみると体調を理由にする事も多く、スルーしてしまうケースが多いのも現状です。

 

  • 今日お母さん風邪ひいとるけん鼻がきかんのや
  • 喉が痛いけん、味がわからんのや
  • 新しい具材入れてみたけど案外美味しいよ

 

こんな風に自然にごまかされると、納得せざるを得ませんよね。

 

服選びができなくなる

  • 真冬なのに真夏の服をコーディネートしてみる
  • 上着はスーツ下はパジャマ
  • 10枚くらい重ね着して着ぶくれ
  • 色の配色がおかしい
  • 毎回同じ服を選ぶ

 

「その組み合わせはちょっとおかしいやろ」と言っても「そんなことない!」と言い張る時は一旦その場を離れましょう。5分ほどして「着替えようか」と言うと案外素直に着替えてくれる可能性大!

 

趣味に打ち込めない途中でやめる

 

趣味は本人が好きで始めたこと。それなのにいつも同じ所で手を止めてしまったり、何回も同じことを繰り返して結局完成に至らなかったり。

 

初期の段階では何度も繰り返しては同じ所で作業が中断するケースがしばしばあります。初期の段階なので、この時点で気づいてあげれば認知症に進行を随分と遅らせることが可能です。

 

時々の異変でも家族にすればよくあること

 

認知症のサインを家族がサインとして受け止めるのは簡単なことではありません。

 

例えば、普段から(若い時から)物忘れが割りと多いタイプの人もいます。
「よくあること」になってしまっていると判断材料にはならないことも多いのです。

そんな中、判断する1つとして参考にしてほしいことがあります。

 

元々の性格を知っておくことで違いを知る

 

 

  • 温厚で優しい→急に怒り出したり人のせいにしたりする
  • 何事にも几帳面→約束したことを忘れる、何度も聞いてくる
  • 本を読むのが好き→活字が書けない、文字が思い出せずぼーっとしている
  • おしゃべりが好き→無口でぼーっとしている事が増える
  • 整理整頓が得意→掃除や家事をしなくなる
  • 書くことが好き→年賀状が書けない、文章を書こうとしない
  • 粘り強い性格→あまりにも固執ししつこくなる
  • メイクが上手→化粧っ気はなくなる

 

生活がパターン化していると認知症になりやすい

 

本来規則正しい生活をすることはとても素晴らしいことなのですが、何も変化の無い生活を送ることは、脳への刺激が減ってしまうことにも繋がってしまいます。

 

答えがでなくても日々、考える事で脳は活性化し衰えから守ってくれるのです。しかし若い世代がついやりがちなこと。実はこれが原因で認知症になってしまうケースもあるんですよ。

 

絶対やってはいけない認知症を進行させてしまう3つのこと

 

認知症って勝手になってしまうものではないの?

そうです。そうなんですが、実はあることを若い世代の人がやってしまう事で認知症を進行させてしまう恐れがあるのです。

 

父ちゃん母ちゃんを楽させてあげたいは逆効果!

 

「色々苦労かけてきたから」とつい、「何もしなくていい、好きなテレビでも見といて」。

↑言ってしまいがちですね。
たまになら構いません。しかし、毎日何もしなかったら一瞬で認知症が進行してしまう恐れがあります。
敢えて用事をお願いすることの方が脳や体を使うのでいい刺激になるのです。

 

時間がかかるかもしれません。頼んだ通りにしてくれない事もあるかもしれません。全く頼んだことが出来ない日もあるでしょう。
しかし頼む事が大事なのです。

 

病院に行こうや精神科に行こうはNGワード

 

これはぜったいおかしい!認知症や!と思っても、直接「病院に行こう」や「精神科に行こう」と言ってしまうと、「私が元気やのに、病院にいく必要なんて無い!」と怒られます。

 

認知症の進行が進んでしまうのは本人に自覚が無いことが原因の大半です。ただ、病気だと決めつけられるのは一番嫌なんです。
自尊心が傷つけられる。家族から冷たく扱われる事も嫌なんです。自分を全否定されたように感じる人も中にはいます。

 

認知症が進む行動パターンの1つに、家族や周りの人とのふれあいが減ることがあげられます。
要は寂しいの裏返しが認知症であるとも言えます。寂しいのに、問題行動を全否定されると症状が悪化し、さらに問題行動が増えていきます。

 

何度も同じことを言うなと説教をしないこと

息子や娘からしたら正しい事をしているだけかもしれません。
しかし認知症患者にとっては「叱られた」というマイナス感情だけが残り症状が悪化してしまいます。

 

 

デイサービスや施設の入居をスムーズに行うポイント

じぃちゃんばぁちゃん世代は施設やデイサービスを姥捨て山だと思い込んでいる人が未だ多くいます。
自宅にいることが普通で、家で最後を迎えることが当たり前の幸せでもあるんです。

 

それは自分の親やおじいちゃんおばあちゃんもそうだったからでしょう。しかし年々医療の進歩も手伝って、病気でも長生きできることの方が多いのです。
その分家族の誰かが一手に介護を引き受けてしまう現状があるのは否めません。

 

介護サービスを利用してもらうためにはちょっとした工夫が必要なんです。

 

もともとの性格に注目し分析しワードを紡ぎ出す!

これはうちの母が祖母の介護で体調を崩した際に、デイサービスに行ってもらう手段としてひねり出した「ばあちゃんキーワード」

要は、ばあちゃんの譲れない事を洗い出し、言葉を紡ぎ出すのです。

【例】

  • 近所の人の目を気にする性格
  • 節約家
  • 同じ年齢の人よりも自分は若いと思っている

 

普段の会話の端々から本人から出てくる言葉を記憶しておきます。その中で楽しそうに話している会話や、自慢話かなぁと思う事を

ここぞ!という時に使うのです。

 

マルナカに行った帰りに、とかハローズに買い物にいったついでに「今日だけ無料で元気な人の健康診断が受けれるけん」と言って
認知症の検査をする。節約家のばあちゃんにとって「無料」というワードはこの上ないハッピーワードなので「ほな行こうか」となってくれます。
もちろん事前予約しておくことがスムーズでしょう。

 

「あの人もこないだ行ってきたらしいで」と近所の顔みしりの人の名前を出す。
すると人の目を気にする性格の人の場合、自分だけ行っていないというのは落ち着かないので「私も行っとかな」となってくれます。

 

デイサービスを1回体験したら、とても楽しかった。本人の記憶には残っていないけど楽しそうにしていた。
またはデイサービスに来ている誰よりも自分はしっかりしていた。などそれぞれ感想を持っています。

そうした事を会話に盛り込みつつデイサービスに行く意欲につなげていくのも大切です。

 

昔の事は覚えてるけど直近の事はすぐ忘れる

1分前に会話したことでも記憶がなくなります。これが認知症です。うまく利用してあげることも必要であると思います。

認知症は早く気づいてあげれば上げるほど進行を遅らせる事が可能と言われているからです。

 

直近の会話をすぐ忘れるから暴言もどんどん吐く

 

お世話をしている人にとっては精神的に耐え難いでしょうが真に受けると精神的にやられてしまいます。

会話自体では無く、会話の中に潜む心の声が必ずあるので、それを読み取るようにしていくと多少はおおらかな気持ちで受け答えすることが出来ます。

 

認知症まとめ

久しぶりに会うだけでは正直認知症かどうかの判断は難しいと言えます。
普段から電話をする、連休以外でもちょくちょく訪ねることがとても大切になってきます。年末年始が近づいてきましたね。ちょっと視点を変えて両親を見るといういい機会でもあるのでちょっとした発見をしてみてください。

 

日本人は体をコミュニケーションをしない文化です。しかし認知症患者は積極的に手をつないだり、ハグをしたりして笑顔の回数を増やしてあげることが基本的ですがとても大切なことなので、帰省した際にもしかして認知症?という疑いを感じた時には適度なスキンシップで安心感を与えてあげるようにしてみるといいかもしれません。

この記事がイイネと思ったら「イイネ」お願いします♡

WELOVE香川のLINE@アカウントです♪

WELOVE香川のLINEアカウントとお友達になりませんか?香川県のWEB上では出てこないコアな情報からオトクなクーポン情報などを配信します。こちらからお気軽に友達追加してくださいね♪